CTRとは|ウェブ担当者がおさえておきたい用語集

CTRとは|ウェブ担当者がおさえておきたい用語集

  1. CTRとは
  2. CTRの算出方法
  3. CTRの重要性
  4. CTRが高くなるメリット

1. CTRとは


CTRとは、インプレッション(表示回数)とクリック数から算出されるクリック率のことを指しており、「Click Through Rate」の略です。インプレッションに対してその広告がどれだけクリックされたかをパーセンテージで表すことができます。日本では、「クリック率」、「クリックスルー率」と呼ばれることもあり、顧客がインプレッション(表示回数)を経由してどれだけ自社サイトを訪れたかを算出できます。クリック数の解説部分でも述べましたが、CTRを高くするにはクリック数を伸ばすことが必要になってきます。掲載順位を上位にもってくる、もしくは検索結果の下部までスクロールするユーザーに対して興味関心を引き立たせられる見出し文を設定しておくことが重要です。

2. CTRの算出方法


CTRは「クリック数÷インプレッション」で算出します。インプレッション(表示回数)が1,000回、クリック数が10回とすると、「10÷1,000=0.01」でCTRは1%になります。インプレッションが50,000回、クリック数が5,000回ですと「5,000÷50,000=0.1」でCTRは10%になります。CTRは当然ながら、ウェブ広告ではCTRが高い広告の方が運用効率がよいとされています。

3. CTRの重要性


CTRが高いということは、インプレッション(表示回数)に対して検索ユーザーがクリックを行っているので良い傾向です。広告が表示されてもクリックされなかったら意味がありません。しかし、CTRの高さに固執しすぎるとよろしくない面もあります。例えば、女性ユーザーが「スキーウェア」を検索したとします。「スキーウェア」でキーワード設定を行った広告が表示されクリックするとします。しかし、そのサイトは男性用スキーウェアの専門サイトであり、もちろん女性はニーズが無いと感じそのサイトを離脱してしまいます。このように、クリックされて広告費が発生したにも関わらず、ニーズを感じていないユーザーにもクリックされてCTRが高くなる可能性もありますので、適正な設定をし、効果的に運用していくことが重要です。

4. CTRが高くなるメリット

CTRが高い中で生まれるメリットとしては、CTRが高いと上位掲載の条件である品質スコアを高めることができます。インプレッション(広告表示)に対してクリックされる機会が増えるということは、ユーザーニーズを満たしていると判断できます。CTRの向上は、品質スコア以外にも、入札単価にも大きく影響しますので、広告運用では必須の改善部分です。